04

今月お金を使いすぎてちょっとピンチという時についつい頼りたくなる消費者金融

現在、消費者金融では収入証明書不要で申請できるキャッシングがメインとなっており、わざわざ店頭まで足を運ばなくてもウェブサイト上で必要事項を記入すれば審査が行われ、早ければその日のうちに現金が借りられるシステムが当たり前になりつつあります。

収入証明書を作成するだけでも詳細な収入を調べる手間がかかりますし、書類審査の結果を待つ煩わしさがありますが、このように収入証明書不要なカードローンは今すぐお金を借りたい人にとっては外せないポイントでしょう。

また、一連の申請プロセスがすべてウェブサイトから行えるのであれば店頭へ行く時間と労力が省けますし、「お金を借りる」ということそのものに抵抗感がある方にとってはキャッシングへのハードルが大きく引き下げられます。

ここでひとつ、ちょっと大胆なシミュレーションをしてみましょう。

もしも銀行が簡易的な即日融資に乗りだしたら、日本国内の金融業界のパワーバランスにどのような変化が起こるでしょうか。

銀行といえば今も昔も「お堅い」金融機関の代表格であり、個人レベルの融資に際しても数週間以上の厳格な審査を行い、将来にわたって安定した返済能力があると認められた申請者にのみお金を貸す、というスタイルを貫いています。

融資のハードルを引き上げている分金利を低くおさえることができ、「借りにくく、返しやすい」金融機関の代表として知られています。

銀行と消費者金融の違いは、高級レストランとファストフードの関係にたとえるとわかりやすいかもしれません。

ひとつひとつの単価が高く、場合によってはドレスコードが定められている高級レストランは一般レベルで見れば確かに敷居が高いかもしれませんが、いったん常連として認められれば手厚いフォローを受けることができます。

一方のファストフードは非常に手軽で、商品の価格も安いため毎日でも行きたくなりますが、ファストフードだけに頼りすぎてしまうと将来的に生活習慣病にかかるリスクが高まってしまいます。

消費者金融もファストフードのようにある意味での中毒性をもち、審査基準がゆるくどんどん借りられるだけに金銭感覚がマヒし、気づいた時には多重債務から抜け出せなくなっている、というケースも充分に考えられます。

高級レストランであれ、ファストフードであれ、日頃の食生活のバランスがきちんととれているからこそ安心して利用できるのであり、どのような形であれ融資を受けることは緊急手段に過ぎないことを理解しておきましょう。

キャッシングを周囲に知られたくないなら在籍確認不要の金融を利用する

金銭対策に困った時に頼りになるのが金融からの借入ですが、お金を借りるためには審査を通過する必要がありますし、在籍確認も行われるのが一般的です。

しかし会社に電話がかかってくるのは、周囲から怪しまれることもあるため、出来るだけ避けたいという人もあります。キャッシングで電話がかかってこないことを希望するのであれば、在籍確認不要の金融会社をあらかじめ選ぶことです。

金融会社の方針ややり方にもよりますが、中には在籍確認をわざわざすることなく、書類提出で確認をするという金融もあります。

職場に誰かから電話がかかってくるのは、周囲の目もあるから困るという人であれば、最初から電話確認なしの金融を選択です。電話ではなく提出書類で在籍確認をする場合、いくつかの指定された書類を用意する必要があります。

本人の確認をすることのできる書類としては、写真付きの運転免許証にパスポートをはじめ、顔写真付きの住民基本台帳カードに健康保険証などです。

本人が働いていて収入を得ている証明も必要ですから、現在の職場での収入証明となる書面の、源泉微収票などの写しも用意をします。

収入証明の書面に関しては、望ましいのは厳選微収票ですが、役場や役所などで発酵をしてくれる、課税証明書や所得証明書でも良いですし、もしくは2か月から3か月分の給与明細書の用意です。

昔よりも利用自体の敷居も下がった消費者金融ですが、お金の借入にはまだまだ在籍確認必須の金融も多い中で、在籍確認不要という柔軟な対応をする金融業者もあります。

まずはその金融業者では、在籍確認が必須かどうか調べてみること、そのうえで不要であれば必要になる書類はなにかまで、事前にリサーチをすることです。

安心感を持たせてくれる銀行キャッシング

b1

お金に困ったら借り入れは消費者金融というのは、今の時代でも助けになる方法ですが、消費者金融ではなく銀行での借り入れも可能です。

銀行はなにかと厳しくて、絶対に職場には電話がかかってくると決めつけがちですが、会社への在籍確認不要という、助かる銀行キャッシングもあります

いくらお金に困ったとしても、昔からの消費者金融のマイナスのイメージがあるために、消費者金融に直接お金を借りるのは躊躇する人も、実際には少なくはありません。

消費者金融からの借入は迷いが生じるものの、銀行という真面目でクリアな金融機関からだったら、お金の借入をしたい人もいます。イメージ的にも消費者金融よりも、普段から何かと利用をする機会の多い、銀行の方が一般の人にも身近な存在です。

毎月の会社からの給与振り込みで利用をしていたり、クレジットカードやライフラインの支払いで、自動引き落としにしている人は多いですし、貯金の利用など身近な利用ができます。

いつでも銀行はきちんとしていますし、受付の女性も勤務する人間も皆、頭脳明晰で感じの良い銀行は、多くの人の信用を勝ち取っている金融会社です。

だからこそお金に困った時には、昔ながらの怖いイメージがある消費者金融ではなく、身近な銀行の方が安心の印象が強く、借り入れも銀行が良いという人は少なくはありません。

銀行からの借入でも会社に電話がかかってくることが無い、助かるキャッシングができることがありますが、消費者金融と違うのは審査も融資も即日ではないということです。

消費者金融は審査も融資もとにかく対応が早いのが利点ですが、銀行からの借入にはそれがありません。

しかし日本人のイメージ的なこととしても、借り入れを安心してしやすいのは銀行ですから、あとは自分の判断です。

周囲の人に悟られないようにスムーズな借り入れを

スムーズに誰にも知られないでキャッシングをするためにも、職場在籍確認不要であることを切望する人は結構います。

お金を借りるという行為を大っぴらにしたくないのは、日本人の美徳の精神の一部の表れでもありますし、お金のことはなにかとダークですから、周囲には悟られたくないのは当然です。

金額が少額であればまだしも、数字が大きくなるにつれて、絶対に職場の人にもばれたくない気持ちが強くなります。

在籍確認を絶対にするという金融からの借入の場合は、本人が会社にいる時間を伝えておいて、その時間に電話をくれるように頼んでみるのも一つです。

その時間帯だけはかかってくる電話を、出来るだけ自分で取るようにして、周囲の人に金融会社からの電話だと悟られないようにする作戦ですが、一つの方法になります。

在籍確認をするにしても、電話以外でしてもらいたいのであれば、それが通る金融を選ぶほかありません。必要書類をすべて揃えて提出をすることで、不備が無ければそれが会社に勤務をしているという証明になることもあります。

現代ではインターネットからの借り入れ申し込みをして、消費者金融の申し込みのフォームに、提出書類を添付して送信して、それがあらゆる確認というケースもあるので確認をしてみることです。

お金の借入には基本的に今でも、在籍確認を求める金融は数多くありますが、柔軟に在籍確認なしという対応をする会社もあります。

即日振込カードローンは何が危険?かしこく利用するポイント

checklist-1917547_640

お金が今日中に必要、という時に非常に便利な即日振込カードローン。最近ではPCのウェブサイトからスマホアプリなどから簡単に申し込みが可能となっており、「誰でも気軽に借りられるローン」として定着しつつあります。

ただ、即日融資はおもに金利の高い消費者金融が提供しており、注意点や危険性を充分に理解しないまま利用をつづけていると、少々古い表現ですが「借金で首がまわらない」という状態に陥ってしまいます。

即日振込カードローンは、申請から短時間のうちに収入審査が行われ、本当にその日のうちにあらかじめ指定した銀行口座にお金が振り込まれる、というシステムを指します。

即日融資ではありながらもカードローンであるため、キャッシングでは適用されない分割払いやリボ払いなどが利用できると言う特徴があり、いわばキャッシングとカードローン双方のメリットを組み合わせたような融資形態と言えます。

即日融資を可能にしているのは、コンピュータによる自動審査です。

所定のフォームから入力された情報はすべて金融機関のデータベースに保管され、届いた分から自動的にコンピュータによる自動審査の対象となります。

自動審査システムでは申請者の年収や職種、家族構成などの情報をいったん数値化し、統計的に処理できるかたちに置き換えたうえでコンピュータに読み込ませていきます。

そして、最終的に導き出された点数の合計が一定のラインを超えていれば無条件で融資が行われる、という仕組みになっているのです。

ただし、収入レベルが微妙なラインである場合や勤続年数などの情報に疑義が生じた場合にはスタッフによるアナログな審査が行われ、申請者本人に電話やメールなどで確認が行われるケースがあります。

コンピュータによる自動審査というと、曖昧な基準によって進められているように感じられるかもしれませんが、どの金融機関も専用のプログラムを組み込んだ高度な解析システムを採用しており、人間による審査とほぼ変わらない水準の審査が可能になっています。

なお、自動審査だからといって虚偽の情報を入力すると、ただちに知られることは少ないかもしれませんが、複数の信用情報を照会した場合に必ず辻褄の合わない部分が出てきて詳しい説明を求められることになります。

虚偽情報の入力は融資審査においてはマイナス要素にしかなり得ませんので、収入のレベルに自信がなかったとしても申請の際には事実のみを記入するようにしましょう。